レイキヒーリング

ヒーリングスペースiruka > 光のタロット・レイキ > レイキヒーリング > 私とレイキの出会い

私とレイキとの出会い

私がレイキを知ったのは2003年、ヒーリングエステのスクールを受講中にその先生から聞いたのが最初の出合いでした。

20歳の頃から今で言うスピリチュアルな分野に興味を持ち、その分野の関連本をいろいろ読み始めて「氣」を手のひらにためて遊んだりしていました。でも当時は友達や周囲の人にはうまく説明ができなくて今はまだ時期ではないんだな・・と
ずっと思っていました。

スクールの先生との雑談の中で「氣」の話が出て「レイキ」というのは日本発祥の健康法で世界的にも広まっている素晴らしいもの。と聞いて彼女から伝授を受けたのが最初になります。

その後、私自身が伝授する立場になり、人の手の温もりは「手当て」という言葉にも残っているように大昔から「癒す」道具として使われていたもの、手と心を使って自分自身そして大切な人を癒してあげられる素晴らしい手段と言うことを伝えております。

レイキのエネルギーは2人で送ると4倍、3人で送ると9倍と二乗倍数でパワーアップします。
私たちが持っている「手」を使って免疫力や自己治癒能力、そしてヒーリングのできるこのエネルギーは本当にワクワクします。

トップへ